読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

ゆるく生きて、ゆるく働いて、これのどこがいけないのかという件

生きるということ

一旦会社や組織に属すると、自分の私生活を差し置いても会社に尽くすという働き方が「善」とされてきた。今もこの考え方は随所に生きている。

仕事を最優先する生き方が真っ当であり、普通であるとの考え方も未だにこの社会に根付いている。

 

僕もかつては仕事での成功が即人生の成功になると思い込んでいた。仕事以外の活動は仕事の従属物だと考えていた。いやむしろ仕事以外の活動を仕事につなげようとしていた。

まさしく視野狭窄だったのだ。

当然のことながら、仕事に行き詰ると日々の生活も楽しくなくなる。日々の生活が楽しくなくなると仕事にも影響が出てくる。負のスパイラルに陥ってしまったのである。うつにもなった。

 

僕はそれまでの生き方・働き方に限界を感じて発想の転換をすることにした。

仕事で自己実現をしなくてもいいじゃないか。

他者から認められて、自分の評価を高めなくてもいいじゃないか。

自分の好きなように生きていってもいいじゃないか、と。

元々が僕は怠け者のダメ人間であることを受け入れようと心に決めたのだ。

ダメ人間であることを自覚すると生きづらさが軽減された。

 

ダメ人間でも生活費は稼ぐ必要がある。

働けるうちは働かなければならない。

僕は「ゆるい働き方」を追求することにした。

今は非常勤・無期雇用という雇用形態で働いているが、今の職場は非正規雇用の人たちを正社員とほぼ変わらない戦力としているので正直なところ息苦しく感じている。結構負荷が大きいのだ。もっとゆるい働き方ができそうな職場を探しながら働き続けている。

給料は安くても良い。最低限の生活費が賄えれば十分である。僕は殆ど物欲が無い。知識欲が満たされればそれで満足なのである。

 

僕の生き方はこの社会ではマイノリティに属するものだろう。社会的な信用もゼロに等しい。真っ当な人たちから見れば怠惰な人間に映るだろう。

 

すべての人が企業社会に適合するわけではない。

一定数の人たちは会社中心・仕事中心の生き方に違和感を持っている。そして少なくない人たちはこの社会で生きづらさを感じている。

 

ゆるい働き方がもっと認められてもいいのではないか。

ゆるい生き方をもっと認めてもよいのではないか。

 

僕は世間の目を気にせずに、しかし何とか世間と折り合いながら、ゆるく生きていきたい。