希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

「優秀な学生がいない」という物言いは会社の驕りであるという件〈再掲〉

いつの時代も「近頃の若者はなっていない」という若者バッシングが巻き起こる。 これらにはまともな根拠はなく、単なる印象論でしかない。 若者たちをスケープゴートにして留飲をさげる取り残されたオヤジ連中がいるだけである。 ここ数年、新卒者の就職活動…

「不安定」は本当に悪いことなのかという件

多くの人たちは幼少時から「安定した」仕事に就いて「安定した」生活を営むことが絶対的な善だと刷り込まれてきている。 「安定神話」の呪縛に囚われているのである。 そのための前提として安定は善で不安定なことは悪だとの思い込みがある。 不安定という用…

道草を食ったり、寄り道をすることは楽しいという件〈再掲〉

目的地に向かって脇目もふらずに突き進む、という態度が推奨されている。社会に出ても学校教育の場においても。 効率性重視のこの考え方を僕は好まない。 初出2019/3/13 僕が小学生あるいは中学生のころ、学校からの帰路に道草を食うことがその頃の楽しみだ…

半分遁世、半分俗世という生き方をしたい件

僕はひそかに「隠棲」に憧れている。 吉田兼好や西行のような生き方に憧れている。 この俗世を捨てて、栄達や出世に背を向けつつも世間をシビアに見つめ続けている。 達観しているようで時には俗物性を出す。俗世から離れていても何らかの形で人々と関わり合…

「働けなくなったら、死ね」という社会はまぎれもなくディストピアであるという件〈再掲〉

今政府は70歳まで働けと国民に強いようとしている。 人は働くためだけに生きているわけではない。 人は働くためだけに生まれてきたのではない。 初出 2019/3/7 僕たちは特別な状況に自分が陥らない限り、自分が働けなくなった時のことを想像できない。心身の…

サラリーマンができないからと言って、人生の落後者ではないという件

サラリーマンとして働くことだけが真っ当な生き方ではない。 サラリーマンができないからと言って、その人が無能なわけではない。 当たり前のことを書いているが、世間ではこの当たり前が通じないときがある。 僕がフリーランスの講師業をしていたときや社労…