希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2015-07-22から1日間の記事一覧

「融通が利く」ことが良いとは限らない件

よく公務員や大企業の社員は融通が利かないという批判がなされる。 杓子定規であり、前例踏襲主義であり非効率なことが多いのも確かである。 また融通が利かないことは柔軟な発想が出来ないとか、社会の進歩を阻む障壁になるとも言われる。 果たして「融通の…