希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

福祉職や介護職の仕事のどこが辛いのかという件

福祉施設や介護施設は常に人員が不足している。ハローワークや求人サイトにおける求人の多くは介護福祉職員の募集で埋められている。離職者が多いので、常に求人を出している施設は多い。

 

なぜこれほどまでに福祉介護職が忌避されているのだろうか。

まず考えられるのは労働条件・待遇の悪さである。以前のエントリーでもふれたが、介護施設の収入の大半は介護保険の介護報酬によるものであり、上限が決められている。従って利益を出そうとすれば、人件費を削る方法しかない。そのしわ寄せは現場で働くケアワーカーに来る。労働に見合った賃金を得られないことになる。

介護現場の実態は、経済活動の足手まといとみなされる高齢者や障害者のケアを安上がりにしたい国の思惑で、ケアワーカーを低賃金で使い倒したいのだ。安上がりにするためには外国人労働者を利用しようとさえする。

これでは質の高いケアなど無理である。ノーマライゼーションなど実現できない。

現状はひとりひとりのケアワーカーの「報われない頑張り」に頼り切っているのだ。「やりがいの搾取」によって、ようやく成り立っている。

 

また、ケアワーカーの仕事は決められたことだけをしていればよいというわけではない。細かい気配りとコミュニケーションが求められる。これらにはこれといった正解がないし、ここまでやれば十分という区切りもない。つまり、やろうと思えば上限なくケアをし続けなければならない。

これが結構キツいのだ。

利用者ひとりひとりの心身の状況を把握して、しかも利用者の望む「一歩先」のケアが良しとされる。労働強化に至る要因がケアワーカーの仕事自体に内在しているのである。結果、際限なく働かされることにもつながるのである。

 

さらには人間関係の問題がある。

これは福祉介護業界に限らないすべての会社組織における問題ではある。

施設によっては古株のボス的存在のケアワーカーがいたりする。その人には管理者・管理職さえモノが言えない場合もある。そのボスが現場を牛耳っていて、新人イビリやいじめをしたりすると、当然に職員は長続きしない。すると現場は人員不足で忙しくなる。常に求人募集をかけ続けならない。そして新人が入ってきてもすぐに辞める。負のスパイラルが起きるのだ。

 

劣悪な待遇で、しかも精神的に負荷のかかる仕事になかなか人は集まらないのは当然である。

人員不足の施設では、職場の雰囲気がギスギスしていて余裕も失われている。

逆に人員が確保できている施設では、概して雰囲気が良く、少々仕事が辛くても我慢が出来る。

僕は両方の経験がある。

僕の実体験から、少しばかりの給料アップよりもまず人員の確保が先決だと思う。ただ、人員の確保のためには待遇を良くしなければならない。

ここに大いなるジレンマが存在する。

 

僕は個人的にできる対応策として、際限なく働かないようにしている。ケアの内容をある時点で区切って、できないことはできないと割り切ることにしている。

ケアワーカーは家族ではない。家族の役割を果たすことは出来ない。それぞれの利用者と関わっている時間だけ可能なだけのできる限りのことをする。

ドライだと思われるかもしれないが、これが実態であり、これ以上のことを求められると福祉介護の現場は崩壊する。