希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2014-05-29から1日間の記事一覧

社会運動は生存のための闘争という原点回帰が必要である件

今どき社会の不公正や矛盾に異議申し立てをする行動をとることはダサいという風潮がある。あるいは行動を起こしても何も変わらないという諦めもあるのだろう。 既存の労働組合はその存在意義を失いかけているし、社会運動、例えば部落開放同盟の行政との癒着…