希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2014-03-04から1日間の記事一覧

「市民の声」が常に正しく、それを反映させることがよいとは限らない件

政治談議になるとよく市民の声を聞け、市民の声を反映させろという言説がなされる。 これは「市民」が善であり、社会のマジョリティであるという前提での話だ。 そもそも「市民」とは誰のことなのか。 このテーマを突き詰めれば、一冊の本にしても足らないく…