希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

「自分磨き」をしても大抵はロクなことにはならないという件

僕は今、「成長」とか「自分磨き」とは無縁の状況にいる。

若いころはそれらにこだわっていた。

今日よりは明日、明日よりは明後日というように右肩上がりの成長を図ることが当然と考えていた。まったりと生きるということが考えられなかったのだ。

その当時、僕にとっての自分磨きとは職務上のスキルを向上させて、「稼ぐ能力」を上げて社会的地位を獲得するためのものだった。

 

一般論でいえば、自分磨きは正しいことである。

自分の資質を向上させる営みを続けることは全く正しいことである。

自分が属する共同体の中での立ち位置を確保し、自分がなすべき役割を正しく認識してそれを果たす。自分が成長すれば、役割や責任が大きくなり、その役割を果たすことによって承認欲求が満たされることになる。自分の存在意義を確かめられて、自分はここにいていいんだと思えるようになる。

 

ただ、世間で言われるところの自分磨きとは、いかに「稼げる人材」になるかとか、婚活で「売れる人」になるかといった類の自己利益の極大化を図るものである。

自己利益の増大化を志向すること自体は資本主義体制下での最適化戦略であり、悪いことではない。資本主義の社会で生き延びるためには自己利益を追求することが正しい生き方なのである。

ただし、忘れてはならないことがある。

それは、いくら自分磨きをして成長しても、その果実は会社の利益の極大化のみに吸い取られるのがオチであるということだ。会社による搾取量が増えるということである。

 

自分磨きを続けて「使える人材」になったとしても、結局は搾取される量が増えるという厳然たる事実が待ち受けている。

また、自己利益の増大のみに目を奪われていると、その成長には自ずと限界があるということだ。

自分磨きそのものはいいことではあるけれども、その目的を限定的にするとよい結果を得られないことが多々あるということだ。

 

僕の全くの個人的な意見だけれども、自分磨きの営為は面白く楽しく感じられるものであることが大切だと思う。また、自分にとっての最適な生存戦略を考え、実行するためのものであれば言うことはない。

自分磨きをすることによって、ちょっとだけ寛容になること、相手の立場に立って物事を考えられるようになること、危機的な状況に陥っても悠然と構えていられるようになること、などができるようになることが肝要なのではないかと思えてならない。

自己利益の追求だけでなく、それをちょっとだけ超えたものを求めることによって自分磨きのメリットは大きくなる。

 

自分磨きに励んでも、その結果はあまり芳しくないものになっている、と感じている人たちは多いのではないだろうか。それは近視眼的な自己利益の追求のみを目的にしているからである。

自分磨きを、より楽しく面白く、よりよく生きるためにし続ければ、また違った結果になると思う。ありきたりな結論で申し訳ないけれども。