希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

「内輪の論理」に隷従する人が増えると歪な社会になるという件

僕たちはある組織や共同体に属するとその内部を統制する規則や内規に縛られることになる。このこと自体は当然のことである。組織の成員がてんでばらばらの方向を向いていたらその組織は成り立たなくなる。

問題なのは、ある組織や共同体にどっぷりと浸かり、その組織の論理に絡めとられてしまい、社会との齟齬が生じるケースが多々あることだ。

 

まともな知性が備わっている人ならば、自分が属する共同体の論理と社会の常識とをうまいこと使い分けることができる。特定の組織の規範と社会一般の常識やルールとの間に乖離があれば、ケースバイケースで頃合いを見計らった対応を採る。

しかし、多くの人たちは社会常識やルールよりも組織のルールを優先させるふるまいをしてしまう。内輪の世界に閉じこもっている度合いが高ければ高いほどそうなる。これは昔からずっと続く悪弊であると僕は考える。

なぜそのようなことになるのか、は僕には分からない。様々な領域で検証・研究はされているが、僕にとってすとんと腑に落ちる答えはない。

 

僕が社労士事務所を営んでいるとき、ちょくちょく営業マンが事務所にやって来た。先物取引をはじめとする金融関係の営業が多かったように記憶している。僕は投資等にはまったく興味がないのでほとんどの場合取り合わなかったが、たまに暇つぶしに営業マンの相手をすることがあった。

ある時、先物取引の会社の若い営業マンの相手をしたことがあった。その彼はマニュアル通りに商品説明を続けた。僕は性格が悪いので、投資のリスクや運用実績を開示して損をした人の実態を教えてくれと茶々を入れた。すると彼はしどろもどろになり、「社内規定でお教えできません」と答えたのである。僕は呆れて、怒ったふりをしてその彼を即追い返した。その営業マンはおそらく社歴が浅いのに、もう会社の論理に絡めとられいるのだな、と思いちょっと哀れに思えたのである。

僕は「社内規定」を盾にして、情報開示を拒んだり、こちらの要望を門前払いする態度が大嫌いである。そこには会社の傲慢さが見て取れて、さらに会社のルールに盲従するサラリーマンの卑俗さを感じるからである。

 

僕もサラリーマンの経験があるので、組織の論理に従う態度を採る理由は理解できる。そうしないと組織に自分の居場所がなくなってしまうとの恐れを抱く気持ちも分かる。組織あっての自分というメンタリティをついつい持ってしまうに至ることもこれまた分かる。

しかし、本当にこれでいいのか、と世間からちょっと離れた位置にいてダメ人間である僕はそう思う。組織や共同体から一歩離れたダメ人間であるがゆえになおさら強くそう思う。

 

内輪の論理に絡めとられて、それに疑いを持つことすらしない人が増えると間違いなくこの社会はおかしなことになる。その兆候はあちらこちらで散見されている。

だからこうしろ、という処方箋はないのかもしれない。

人はひとりでは生きていけず、群れをなしてしか生きていけない。狩猟採集の時代からずっとそうだ。

ただ、言えることは特定の組織や共同体の論理にどっぷりと浸かっている自分というものを客観的に見る態度を涵養するしか手立てはない。

ある共同体のこうしたルールはおかしいのでは、社会と乖離しているのでは、と社会常識と突き合わせて自分の頭で考え判断するだけで状況は変わってくるはずである。

問題の解決策を個人の資質に委ねるのは僕が好まないところではあるけれども、である。