希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

ヒマ人的生き方は楽しいという件

僕はここ数年「ヒマ人的生き方」を満喫している。

当然に懐具合は寂しいけれども、まあ何とかやりくりして生活している。

毎日馬車馬のように働いてカネを稼ぎ、消費生活を送るなんていう生活にはもう耐えられない。

 

以前にこのブログで書いたことだが、僕は大学生のときには周りの人たちからヒマ人と呼ばれていた。定期的なアルバイトをするわけでもない、面白くない講義には出ない。サークルの部室にたむろして、同類のヒマ人とつるんでとりとめのない話をしたり、思い立って梅田にあった安い映画館(二本立てで800円位で名画が観られる)に行ったりして時間を潰していた。

僕は大学生の時のこのような過ごし方を経験したことによりヒマ人的な生き方の楽しさを知り、またヒマ人的行動様式が身に付いたのだった。

 

僕は大学を卒業すると(魔が差して)就職することになった。真っ当な社会人となるレールに乗ってしまったのだ。本当はしばらくはブラブラとしたかったのだけれども、親の意向や世間の同調圧力に負けてしまい、真っ当に就職する道を選んだ。

当然のことながら、サラリーマンになってしまったらヒマ人的な生き方はできない。その後に自営業に転じても同様にヒマ人にはなれない。

僕はカネを多く稼いで、ある時期にさっさとリタイアしようと目論んだ。しかし、その目論見は見事に失敗した。ならば必要以上には働かないビンボー生活を受け入れてみようと試み、今はその通りの生活を送っている。

 

僕はヒマ人ではあるけれども決して退屈はしていない。退屈を感じるようならば、ヒマ人的生き方はできない。退屈だと感じないことが、ヒマ人的生活を送るための最低条件なのだ。

ヒマ人とはいえすることはたくさんある。僕の場合は本を読むこと、ふらりと町をぶらつくこと、ブログを書くこととそのネタを考えること、ラジオを聴くこと、ネットを見たり動画をみたりすること、などなどである。それらの合間に仕事をする、というスタンスである。

決して「真っ当な生き方」ではないと自覚している。人様に勧められるものではない。世間に向かって自慢など到底できない。でも、今のこの生き方が僕にマッチしているのは確かだ。元々が勤労意欲が低く、成長志向もなく、意識の低い人間なのだから仕方がない、と開き直っている。

 

ヒマ人的生き方をすることの効用みたいなものはある。

人並みに働いている頃よりも社会問題に対する意識が高くなった。

物事を深く掘り下げて考えるようにもなった。例えば「労働」の本質的意義とは何か、とか「学ぶ」ことの本来的な意味とは何か(これは教育の問題にも関わってくる)といった正解のないあるいは「正しい」答えが幾つもあるような問いについて自分なりに考察をするようになったのである。

このことが良いことなのかは一概には言えない。世の中には深く考えない方が良いことがある。僕は何も考えずに大勢に流されるよりは、自分なりの考えを深め、それによって少数派になったとしてもそのことを受け入れるという生き方をしたいと思っている。

 

僕が今のヒマ人的生き方ができているのは、僕の環境が恵まれているからである。今の状況が続く限りはヒマ人であり続けたい。

もし、今の生活を形作っている状況が変化したときは・・その時になって考えよう。

おそらくは変化に応じて、またヒマ人的生活を送るだろう。

僕は根っからのヒマ人的体質なのは間違いない。