希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

誰かから頼られてこそ人は成長するという件

僕は「自己実現」であるとか「成長」という言葉があまり好きではない。

そこには何やら胡散臭さを感じるからだ。

自己実現とか成長というものが、仕事に限定したものであったり、自己利益の極大化しか念頭に置いていないものだと感じられるからである。

 

人は自分の利益しか眼中になく、その自己利益の増大のみに注力したときには限界があるのでは、と思えて仕方がない。

人の欲望には天井がない。欲望の充足ばかりを追求するといつかはその虚しさに気付くときが訪れる。たとえどんなに富を得ようとも、社会的地位を名声を得ようとも、そんなものは「空」なのである。

 

資本主義体制、特に新自由主義的なイデオロギーでは、自己利益を追求することが善とされている。自己責任・自己決定で「個」の利益を追求し、カネを多く得たものが正義なのである。

このような考え方は絶対的に正しいものではない。また決して悪でもなく、間違っているというわけでもない。現行の経済システム下で「まとも」に生きていくのならば、ある程度は受け入れなければならない。

 

僕もかつては自己利益の拡大に奔走することが正しい生き方だと思っていた。家族・地域共同体のしがらみから逃れようとばかりしていた。自分ひとりが努力し、自己実現を果たすことが自分らしい生き方だと思い込んでいたのだ。

自分の持つなけなしの能力を最大化し、スキルを磨き、その結果としてカネをより多く稼げるようになって社会的地位を高めることが自分のあるべき姿だとの確信を持っていた。

この確信は脆くも崩れ去った。

たとえ僕が「成功」を収めていようとも、自己利益の極大化を果たしていたとしても、僕はその状況に虚しさを感じていただろう。

 

今から思い返せば、僕が充実感を覚えたのは誰かから頼られて、その課題を解決しその誰かから感謝されたときである。報酬の多寡は問題ではない。自分ひとりのためではなく、「誰かのため」に尽力したときに喜びや快感を覚えたのである。

 

あるいは自分の属する共同体、例えば会社や役所の組織において自分の役割を果たし、共同体の存続・発展に自分が関わったと実感を得られたときに充足感を覚えることができたのである。

僕は雇われて働くことが嫌だと公言しているが、それは自分の働きが共同体のためになったと実感する機会が少なかったことにもよる。

僕は組織の論理に絡め取られることを潔しとしない、とも公言している。一方で自分の属する共同体の存続・発展のために力を尽くすことは快感につながることも知っている。この両者のバランスを取ることは難しい。共同体の利益がイコール自分の利益だという思考に陥るのは危険であるとも承知している。

共同体の利益のためにどれほどの自己犠牲を強いられるか、それをどこまで我慢できるかによって状況は変わってくる。自己利益の極大化のみを目的として共同体においての自己の役割を果たし続けると齟齬を生じることになる。会社人間や社畜とされる人たちは組織の論理に絡み取られながら自己利益ばかりに目を向けている人たちである。

 

自己利益のためだけではなく、誰かに頼りにされ、他者のために行動することによって人はより成長する、と僕は思っている。

人が仕事によって成長するのは、様々な人たちとの関わり合いの中で、それらの人たちに頼られて、様々な課題や問題を解決するために自分の役割を全うし続けることによって得られるものがあるからである。

この共同体の存続・発展のための営みは会社人間や社畜と呼ばれる人たちの営為とは似て非なるものである。