希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

「不良社員」がもっともっとのさばってもいいという件

僕は雇われて働くことがイヤである。

ただし現実問題として、生活していくためにはカネを稼がなければならない。大方はどこかの会社に雇われて労働者としての道を歩むことになる。

 

会社に雇われて働くにしても、僕たちは会社に完全に隷属してはならない。僕たちは会社の奴隷ではないのだ。

昨今は社員の自立を強調したり、副業を推奨したりする会社が世を賑わせたりもしているが、根本的には会社は社員を縛り統制することには変わりはない。

 

多くの労働者は会社に良い評価をもらうことを第一に考え、「良い子」であろうとする。これが度を過ぎると会社人間になり社畜となる。

 

僕はもっと労働者は「不良社員」になってもいいのではないかと思っている。

不良社員といっても、仕事をサボりまくるとかやたら上司に反抗するとか横領まがいのことをするとかを意味するのではない。

まずは労働者としての権利を行使する。サービス残業はすべて拒否し、付き合い残業なんかも拒否する。有給休暇はすべて取得する。強制参加の飲み会なんかに参加しない。

やたらと長い時間の意味のない会議ではさっさと切り上げるように仕向ける。そもそもそんな会議なんて不要だと主張する。

上司の顔色をうかがうことなんてきっぱりと辞める。同僚からの同調圧力には抗う。

これらのことは実際は言うは易しだが実行することはなかなかに難しい。しかし、この程度のことをしないと社畜への道にまっしぐらとなる。

この程度に不良社員化しても現行の法制度ではそうそうクビにはならない。せいぜい閑職にまわされるか左遷されるくらいが関の山である。

 

そもそも上述のような自己主張程度で「不良社員」扱いされる方がどうかしている。

会社によって金太郎飴のように画一化した「人材」にされることそのものに危機感を持つべきである。労働者も規格外の不良品扱いされることを誇るようなメンタリティを持った方がよい。長い目で見れば、そのような人がいざという時に力を発揮するのである。リストラされるなどして職を失っても、雑草のように逞しく生きていける。

 

所詮は仕事なんて人生のほんの一部に過ぎない。

仕事で自己実現を図るとか成長するとかは眉唾物であり幻想に過ぎないものである。

仕事によって得られる能力とかスキルなんてたかが知れていると覚めた目で見ることも時には必要である。

 

世のサラリーマンのひとりでも多くが不良社員化すれば面白くなる。結構会社も利益が上がり、この国の経済も成長したりするかもしれない。

 

僕にとっては今まで書いてきた不良社員的な働き方・生き方はごく当たり前のことである。

だからこそ、会社勤めには馴染めないのだと今更ながらに痛感する次第である。