読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

「新卒フリーランス」は立派な生き方であるという件

先日ある方のブログを覗いていると新卒でフリーランスになるという学生についての言及がされていた。そのブログの主は全面的に賛同していたが、どうも新卒フリーランスという進路選択に否定的な人たちが多いらしい。

新卒フリーランスに否定的な人たちの主だった意見としては「失敗したらどうする」「世の中そんなに甘くない」「新卒カードを捨てるなんてもったいない」等々である。相変わらず世の中では会社主義や労働至上主義のイデオロギーが蔓延っているのか、と妙に納得した。

 

ある人が新卒で会社に就職しようがフリーランスになろうがその人の自由であって他人がとやかく言う筋合いのものではない。自分の人生観や労働観を押し付けるなんて愚の骨頂である。当たり前の話だが、どういった形の生き方が幸福なのかは人それぞれ違うものである。

若い人がリスクを恐れず、世間で真っ当とされる選択から外れた道を突き進むならば、年長者は暖かく見守ってやるというのが筋である。

寄らば大樹の陰的な生き方を強いられている社畜や会社人間が「自由」を求める人たちを批判する資格なんて微塵もない。

 

僕は「新卒フリーランス」という働き方を選んだ人を全面的に肯定する。

会社や役所に雇われて働くという形はひとつの選択肢に過ぎない。たまたま現在の世の中の多数派を形成しているに過ぎない。

もしも新卒フリーランスの生き方を選んだ人が行き詰ったならば、友人・知人・周囲の人たちはそれぞれが自分のでき得る範囲で手を差し伸べればよい。確かにそのような生き方や働き方を選んだ本人の自己責任ではあるけれども、成功しなかったからといって鬼の首をとったかのように本人を責めるような態度を取るのは料簡が狭すぎる。

 

新卒で有名企業や大企業に入り、そこで仕事をしたからといって「稼げる」スキルが身につくとは限らない。大抵はその会社内で通用するローカルなスキルが身につくのが関の山である。定年まで同じ会社で働き続ける(会社にしがみつく)のならば「稼げる」スキル云々はどうでもいいことかもしれない。しかしながら、少しでも自由を求めたり、自分なりの働き方や生き方を追求したいと考えるなら、ひとつの会社にしがみつき正社員にこだわるのはどうかと思う。

 

僕は新卒フリーランスという選択は面白いと思うしなかなか立派なものだと思う。

経済的に成功するかなんて二の次である。

自分が楽しい、面白い、ワクワクするといったことの方が大切だ。

人生に失敗なんてない。

また何をもって成功とするかは人それぞれの価値観によるものだ。

人生は楽しむためにある。