読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

テレビが面白くないのは規制があるからではない件

社会について考えてみる 歴史に関連したことについて考えてみる

テレビが面白くなくなってきたと感じている。あくまで個人的な感覚であり、本当にテレビ番組自体が劣化しているのか僕の趣味嗜好が変わったためのものなのかそれは分からない。

まあ、そんなことを言っていては話が進まないので、ここはテレビがつまらなくなったという前提で話を進めていく。

 

テレビがつまらなくなった理由として「規制」が強いためだというもっともらしい言説がある。確かに昨今はネット民のチェックは厳しいし、元々存在したPTA的良識に基づいたクレームも相変わらずあるだろう。それに噓か誠か分からないが政府筋からの介入もあるという。

果たして本当に「規制」がテレビをつまらなくしているのだろうか。

 

テレビ番組を構成する主なものは「バラエティ」「報道」「ドラマ」である。もっと単純化すると「芸能」と「ジャーナリズム」である。

元々この両者がどんな性質のものであったかを考えてみることも必要である。

 

まずは「芸能」について。

元々諸芸能はシャーマニズムに起源があるらしい。

虐げられた庶民の心を癒すものとして、同じく虐げられた身分であった芸能の民が諸国を遍歴しながら、その伎をもってナリワイとしていたのである。今でこそ芸能人はセレブ視されているが、古代から中世、近代の時代においては賎視され、常ならざる者として差別されまた同時に畏怖されていた。

時として芸能は権力者に抑圧されてきた。芸能の民が時の権力者を批判したり揶揄したりすることもあった。能のように権力者に取り込まれるケースもあったが、殆どの芸能の民は権力者や支配者と対峙してきた。容易に権力に従わない姿を見て庶民は溜飲を下げ喝采をおくってきたのである。

特に「笑い」を提供する芸能は権力者を揶揄したり、タブーに切り込んだりする点にその真骨頂があったのだ。また、人の持つ「業」、その愚かさや弱さ、醜さを面白おかしく表現する神業に観る人たちは心を奪われたのである。

 

ジャーナリズムも元々は世間で起きた事件を庶民に伝えることをナリワイ

とし、同時に権力者の非道、無能、スキャンダルを庶民に分かりやすくかつ面白おかしく伝えることもまたナリワイとしていたのである。江戸時代の瓦版、明治維新以降の自由民権運動と結びついた新聞がジャーナリズムの源流である。

 

芸能もジャーナリズムもその本質は「反体制」「反権力」的なものであり、庶民に寄り添ったものであった。

直接的に権力者批判はしなくても、その存在自体が権力にとって目障りなものだったのである。

 

テレビの話に戻そう。

テレビがつまらなくなったのは送り手側の人の質が劣化したと言う人たちがいる。テレビ局の人事・採用の問題であると。クリエイティヴな才能を持つ人を採用せず、学歴偏重、コネ優先の採用による弊害が表出したものだという言説もある。これもテレビがつまらなくなった理由のひとつであるかもしれないが、根源的な理由は別のところにあると僕は思っている。

芸能やジャーナリズムが本来的に持っていた面白さをないがしろにしたせいではないかと思う。またテレビ局(あるいはマスコミが)自体がエスタブリッシュメントの一翼に連なり、それに満足して庶民の欲望に背を向けたからだとも思っている。テレビ局そのものがエスタブリッシュメントだと「思い違い」をしたときから堕落が始まったのである。

テレビが抱え込んだ芸能とジャーナリズムに内在している権力者と対峙する気概が決定的に欠如し始めたために、本来テレビが持つであろう面白さが失われたのである。

 

現在のテレビ局が持つ体質では規制があろうとなかろうとつまらないコンテンツしか生み出せない。かつての芸能にしてもジャーナリズムにしても今とは比べ物にならないほどの規制をかいくぐって庶民に面白いものを見せてきた。規制があるから云々はただの言い訳に過ぎない。僕が最も敬愛する映画監督であるアンドレイ・タルコフスキーは当時のソ連当局の厳しい抑圧下でも、「惑星ソラリス」や「ストーカー」、「ノスタルジア」といった映画史に残る傑作を製作している。

テレビが面白くなくなったのは「規制」のせいではない。

テレビ局が庶民の持つリアリズムや庶民のダイナミズムを軽んじて、その重要性に気付かないことによる必然で決定的にテレビがつまらなくなったのである。