読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

来年も「頑張らない」で生きていこうと決心している件

僕にとって2015年はまずまず平穏な年だった。

 

春にそれまで勤めていたデイサービスを辞めた。僕は歳を取る度にダメ人間度が高くなっているのは確かだ。以前はフルタイムでは働けないがパートタイムなら難なく勤まったのに、ついにパートで働くことも辛くなってしまった。それと介護業界の悲惨な状況に耐えられなくなったこともあって思い切って辞めてしまった。

幸いにも次の仕事はすぐに見つかった。

今度は福祉に間接的に関係している仕事だ。虐待等で一時的に児童福祉施設や母子寮に保護されている子どもたちへの学習支援という仕事である。ただこの仕事は不定期なのが玉に瑕である。丁度今はそれまで出向いていた施設の一時保護児童の受け入れ先が決まったので一旦休んでいる。次に声がかかるのを待っている状態だ。一応僕にもちょっだけ勤労意欲があるので、気が向いた時に単発の派遣の仕事に行っている。最低限の生活費を稼ぐためにいやいや働いている。

 

ますます勤労意欲が低くなった僕のダメさ加減を僕はただ受け入れている。

気力を奮い立たせて頑張ろう、とは露ほどにも思っていない。無理せずマイペースでいこうと心に決めている。

無理をしたってどうせ長続きはしない。

今はお蔭様で同居している母も元気でいてくれている。申し訳ないけれどももうしばらくは実家に寄生させてもらおう。僕自身の生活費は切り詰めて、もうちょっとカネに余裕ができたら母に渡すカネを増やそう。

でも、必要以上のカネを稼ぐために働くことはしないでおこう。そんな時間があったらもっと本を読もう。僕にはまだまだ知りたいことが沢山ある。

 

来年もこのまま「頑張らない」で生きていきたい。

相変わらずダメ人間のままで。