希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

カネが持つ魔力に飲み込まれないようにしたい件

カネには人を惑わせる魔力が備わっている。

多くの人たちはカネのためにのみ働いているわけではない。カネ儲け至上主義に異を唱える人も多いはずだ。

しかし、資本主義体制下の社会ではカネを生まない人や物事は無価値だとされる。カネの多寡によって人は選別されるし、カネを持つ者、カネを生み出す人が優秀だと判別される。

 

カネはモノやサービスを買うための交換手段に過ぎない。ただの金属片であり紙切れに過ぎない。あるいは「記号」に過ぎない。

それらのことを心の片隅で理解はしていても、カネを儲ける事が目的になり、カネを巡っての悲喜こもごもの出来事が僕たちの周りに充満している。

 

僕たちが暮らしている社会は高度消費社会である。物質的には豊かな社会である。大概のモノやサービスはカネで買うことが出来る。また、殆どの揉め事はカネで解決できる。

裏を返せば、カネがなければ生活に支障を来たすことがあるということだ。例えば、衣・食・住に関するモノは自分で作ることは可能である。しかし、殆どの人たちはその術を知らない。現実には住むところ、食べるもの、着るものはカネを出して買わなければならない。僕たちはカネに取り込まれているわけである。

 

カネは「万能薬」的なものなのでもある。

カネは大抵の生活の不安を解消する。

同時にカネが無いと生活が覚束なくなるという不安をもたらしもする。これは万能薬にも副作用があるということだ。カネは劇薬にもなる。

カネという万能薬の処方を誤って、命までを奪われてしまうこともある。

 

僕たちはカネの持つ魔力に取り憑かれたままで生涯を終えなければならないのだろうか。

カネの持つ魔力から逃れる術はないのだろうか。

経済体制が資本主義である限りは僕たちはカネから完全に逃れることはできないように思われる。

世間から完全に遮断された完全自給自足の隠遁生活でも送らない限りはカネから逃れられない。これは無理な話だ。

あるいは資本主義以外の経済体制を選択するという手もあるが、これは非現実的な話である。

 

結局はひとりひとりがカネとどう向き合うか、という話になってくる。

カネはあくまで交換「手段」だと冷静に突き放して捉える視点を持ち続ける。

カネ儲けを神聖視せず、さりとて卑下することもしない。

カネを使わずに別の手段でモノやサービスを手に入れる方法を考え実践する。物々交換や労力を提供するなどの方法もありだと考えてみる。

カネの力を過信しない。一方でカネの持つ力を適正に認識しておく。

 

僕はカネの持つ魔力に振り回されることなく、ほどほどにカネを有効利用していきたい。

カネを儲けすぎず(これは僕には無理だが)、けれどもカネが無いと悲嘆しない程度に。