希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

会社を辞めたいと思ったら、生きる術を身に付けることを考えてみるとよい件

今勤めている会社を辞めたいと思っている人は多いと思う。人間関係・待遇・職場の雰囲気など様々な理由で、今の会社で勤め続けるのはどうなんだろうかと思い悩んでいる人は多くいるはずだ。

 

転職というのはひとつの選択肢に過ぎない。

もしかすると組織に属して働くこと自体が自分に合っていないのかもしれない。この場合、転職を繰り返してもどこも長続きしない。会社勤めとは違う働き方かあるいは正社員という雇用形態ではない働き方を考えてみる必要がある。

他方、組織に属して働くことに抵抗が無い人は転職という方法が無難である。自分に合った会社であれば長続きするし、ストレスもかからない。

 

組織に属し、組織の論理に絡め取られることをよしとしない人たちは一定数存在する。僕がその一人だ。

そういった厄介な人たちはどのような手段をとればいいのだろうか。

組織に必要以上のコミットメントを求められない非正規雇用という働き方が考えられる。

僕の場合、無期雇用の非常勤職員して働いている(雇用保険にも加入している)。気が向けば空いている日に派遣で違う職場で働くこともある。ただ、現状は今働いているデイサービスからの収入だけで必要な生活費が賄えているので、無理には働こうとは思っていない。福祉・介護業界では一定の資格と職歴があれば、職場を変わることも比較的容易な状況である。年齢も問われない。僕は今の職場よりも面白そうな職場があればいつでも変わっていいと考えている。

非正規雇用で働くと正社員より収入が下がるので、生活レベルを落とす必要があることに注意を要する。

 

ある程度のスキルがある人はフリーランスとして働く方法もある。自分の専門性を売りにして仕事をすることは精神的には充実感がある。しかし、どうしても収入が不安定になるし、自分自身が「商品」なので自己管理をしなければならない。これらのことに耐えられる人でないとフリーランスとして仕事を続けるのは結構厳しい。

 

伊藤洋志さんの著書『ナリワイをつくる』には生きていく上での大きなヒントが示されていた。伊藤さんは「ナリワイ」を幾つも持ったローコストな生活を提唱している。自分一人ではなく「仲間」を作って、様々な「ナリワイ」によって豊かな生活を営むことができるという。

昔の「百姓」は農業だけでなく、他にも幾つもの生業を持っていた。草鞋を作ったり、織物をしたり、簡単な大工仕事をしたりして、農業の合間に別の仕事をして収入を得ていたのである。

この働き方を現代社会に持ってくることも可能だと思う。自分や仲間たちと小さな、しかし生活に必要な仕事(小規模農業・簡単なリフォーム・寺子屋的な塾等)を請け負い、それらを複数こなすことで生活費を賄う。都市部では便利屋が受けている仕事を、ビジネスというよりもっと生活に密着した形で行うものである。グローバリズムに対する有効な対抗手段になり得るローカルな仕事のやり方である。(詳細は伊藤さんの著書で)

 

結局、正社員でない働き方にしろ、フリーランスやナリワイにせよ、「生きる術」を身に付けることが大切なのだと思う。「手に職」や資格とはまたニュアンスは異なる。

生き延びるための手段を持つことが、この世知辛い世の中を渡っていくための有効な方法なのである。そうなれば、会社を辞めることなんてどうってことはない。

 

生き方や働き方に決まった形はない。

僕たちは自分に合った、自分が心地よく感じる働き方を自由に選べばよいのではないだろうか。