希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

引きこもる自由、働かない自由は認められず、それがために社会から排除されるのはおかしいという件

いつの世も社会に馴染めずに生きづらさを感じている人たちは一定数存在する。

働くことができずに社会の片隅に追いやられ、あるいは排除される人たちもいる。

これらの人たちは(親が裕福でない限り)生活にも困窮するケースが多い。

 

「働かざる者、食うべからず」という言葉がある。これは元々、搾取する側の資本家やブルジョワジーを批判する意味の言葉だった。汗水たらして働かずに、人が働いた「アガリ」で食っていくことは許されないということだ。

今は働かない者は人間としての価値がなく、生活できなくても当然だという意味になっている。

この「働かざる者、食うべからず」という価値観は残酷なものであると僕は考えている。事情があって働けない人たちの心情や状況を考慮せず、これらの人たちを追い詰めることにもなる。

 

心身の病気や障害によって働けない人たちに対する理解は一見進んでいるように思われる。しかし、他者から明らかに見える障害や病気に対してはそう言えるかもしれない。外見からは分からない障害・病気を持っている人、一見元気に見える人たちへの風当たりは依然として強い。例えば、うつの人たちに対して「怠け病」だとの偏見をもつ人もかなり多くいる。

今の日本の労働環境で働くと高い確率で心身を壊す人たちもいる。

心身を壊してまでも働くべきだと、「働かざる者、食うべからず」教の信奉者たちは主張するのだろうか。あるいは、働かない者はホームレスになったり、野垂れ死にしても仕方がないと言いたいのだろうか。

 

社会全体が貧しい状態ならば、働かない者は生きていけない、ということは理解できる。社会的弱者を救済する余裕、特に社会保障制度がないからだ。他方で、貧しい社会では隣人同士の助け合いがなされている、または助け合いがないと生きていけないという側面がある。

豊かになった日本では、隣人同士の助け合いの精神は薄まっているように思える。社会保障制度は一応整ってはいるが、これは働く者をモデルケースにした制度となっている。しかも、失業や生活困窮に陥った場合への救済策が貧弱である。

社会に馴染めずに引きこもる人たちや働けない人(働かない人)たちに対しては公的な支援は無いに等しい。

引きこもる人たち、働かない人たちに対して、必要以上の自助努力を求めるのは間違っている。

自己責任だとして見捨てるのも間違っている。

引きこもりや働かなくなった理由は社会構造上の問題が存在するからだ(100%が社会の責任ではないが)。

 

引きこもっている人たちや働かない人たちは好きで怠けているわけではない。

さらに言うなら、「怠け者」であることがそれほど「悪」なのか。

人は一生涯、脇目も振らずに馬車馬のように働き続けなければならないのか。

人生の途上で「脇道に逸れる」こともありなのではないか。

引きこもりや働かないことを、安易に社会病理として分析したり、個人の精神病理として「病気」だとレッテルを貼ることがあってはならない。

 

引きこもる自由、働かない自由を認め、一定の生活保障がなされる社会こそが、豊かな社会である、と僕は思う。