希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

仕事に対する幻想を捨てれば、案外楽しく生きていけるという件

やりがいのある仕事をすることで人生が豊かになる。

仕事によってのみ人は成長する。

仕事をしない人、仕事に楽しみを見つけられない人は堕落する。

これらはイヤというほど繰り返し語られてきた仕事に関する言説である。まるで「仕事教」のようだ。「仕事狂」ともいえるかもしれない。

 

僕たちはどのような仕事をするか、どのように仕事に取り組むかで人間の価値が決まると刷り込まれている。

仕事は素晴らしいものであり、どのような仕事でもやりがいはあるものだと信じ込まされてきた。たとえ単純な作業であっても、奥が深いものであり、創意工夫を続ければ楽しくやりがいがあるともっともらしい言葉を吐くものも多い。

 

果たして仕事とはそんなに価値のあるものだろうか。

人生の大半を費やすほどの価値があるものなのだろうか。

 

僕はこの「仕事教」的な価値観に違和感を覚える。

 

生活の糧を得るためには仕事をしなければならない。仕事をすることによって社会とつながるということもある。

仕事はそれ以上でも以下でもないものだと僕は思っている。

仕事によって自己実現をしたり、人間的に成長するなんて、経営者かその片棒を担ぐ識者と呼ばれている人が己の利益のために吐いている妄言としか思えない。

正社員にしろ非正規社員にしろ、仕事の大半はつまらないルーティンワークである。クリエィティブでやりがいのある仕事をしているのはほんの一握りの恵まれた人たちである。普通の人たちにルーティンワークをつまらないと感じ、いやいやされたら効率が落ち会社の業績に影響する。だから、経営者側はどのような仕事にも創造性がありやりがいがあるという幻想を労働者に植え付けようと躍起になるのだ。見事にその幻想を現実と思い込み踊らされた人が会社人間になる。「やりがいの搾取」をされる。

 

少なくない人たちが本当に自分の仕事を誇りに思い、楽しく仕事をしていることは事実である。それは繰り返しになるが、ほんの一握りの恵まれた幸せな人たちである。大半の人たちは生活のためにつまらないと感じている仕事を延々と続けている。その大半の人たちに僕はシンパシーを感じる。その日々の仕事の中で楽しみを見出し、あるいは仕事以外の領域で楽しみを見つけて生活に潤いをもたらしている。そうでないと、とてもじゃないがやってられない。

仕事は元々つまらないものではあるが、それを責任を持って誠実にこなすことが労働者の勤めであると明確に意識することが大切なのだと思う。ただし、対価として得られる報酬を超える仕事はしなくてもよい。この割り切りも大切だ。

 

仕事によって成長しなくてもよい。

自己実現の手段は仕事以外にも色々と沢山ある。

仕事に対する幻想を捨てれば、また違った生き方も見えてくる、と僕は思う。