希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

借金を怖れることはないという件

このエントリの表題は誤解される虞がある。

僕は何もどんどん借金してカネを使えと言っているのではない。借金はしないに越したことはない。

 

ただ人生においては借金をせざるを得ない状況に陥ることもある。生活が苦しくてサラ金から借りることもある。住宅ローンやマイカー・ローンも立派な借金だ。

 

生活が順調にまわり、借金を滞りなく返済できているときは問題ない。しかし、何らかの事情(失業や病気・売上の低下等)で借金の返済がままならない状況になることもある。

借金を返せなくて、他の金融機関や友人・知人・親族からまた借金し、ついには首が回らなくなるケースが多い。最悪の場合には一家離散やさらには自ら命を絶つことにもなってしまう。

 

僕がいつも不思議に思うことがある。

強盗や窃盗あるいは横領等の事件を起こした犯人の動機が借金苦であることが多いことだ。

犯罪を犯すくらいなら、借金を踏み倒せば済む話だ。踏み倒すとまでいかなくても、自己破産や民事再生などの法的な手段もある。

どうも日本人は「借りたカネは必ず返さなければならない」というマインド・コントールに深く侵されているように思う。

 

確かに借りたカネは返さなければならない。

これは道徳である。

民法上の債務履行義務である。

 

僕が社労士時代に大変お世話になった人のポリシーを聞いて大いに納得したことがあり、今もそのポリシーは正しいと思っている。

それは友人・知人に借りたカネは何としてでも優先的に返し、金融機関には泣いてもらう、というものだ。

実にシンプルなポリシーである。

しかし実際にこの考え方を実践している人は多くはない。金融機関に返すカネを工面するために友人や親類にカネを借りている人は多いのではないだろうか。

これは愚かな行為である。

金融機関に返済しても、追加融資してくれる保証もないし、下手すれば貸し剥がしに遭う可能性もある。仮に破綻して再起しようとする時には絶対に力を貸そうとはしない。仮に、最悪のケースだが、命を絶って生命保険等で返済しても金融機関(カネ貸しと言ったほうが適切かもしれない)は何とも思わない。ノルマをこなしたぐらいにしか思っていない。

一方、友人・知人に対してきっちり返済しておけば、信頼関係は保たれ、再起のときに力を貸してくれる可能性がある。

再起の際に必要なのは培った人間関係なのである。

 

金融機関の借金は、金銭消費貸借契約という「契約」に過ぎない。金融機関は審査して利息を取るのだから、これは純然たるビジネスである。金融機関はカネを貸して金儲けをしているのであって、慈善行為をしているわけではない。

だから、何らかの理由で返済できない事情ができれば、返さなくてよいのである。

別に罪でも何でもない。

ビジネスにおいてはリスクは付きもので、金融機関が回収できないのはただ単に「ババを引いた」だけの話である。だから金融機関が取り立ての際に「借りたものを返さないのは、人の道に反する」という類の物言いをするのは筋違いである。貸手の責任があることを忘れている。契約の本質を理解していない。

 

一方、友人・知人からの借金の殆どは「好意」「善意」に基づくものだ。だから、その好意や善意には応えなければならない。

 

以上が、友人・知人からの借金を最優先し、金融機関からの借金は後回しにしろ、と言う理由である。

 

この国では、弱者にのみ自己責任を押し付けると以前のエントリで書いたことがある。

借金についても同じことがいえる。

住宅ローンやカーローン、奨学金などは免除されない。自己破産という手もあるが、この国の悪弊である連帯保証人に迷惑をかけるケースが多い。

他方、バブル崩壊後に多くの大企業が債務免除されている。潰れそうな銀行には膨大な額の税金が投入され救済(命拾いといった方が正しい)された。強者には自己責任という言葉は空念仏なのだ。

 

僕たち弱者は知恵をもって立ち向かわなければならないと思う。

借金を返せなくなったら、自己破産や民事再生などの法的手段を取るのも有効な手段だ。連帯保証人がいれば、借金がチャラになった後に分割なりの方法で返せばよい。友人・知人の借金は自己破産しても返す。

さらには居直るというのも一つの手である。

借金がチャラになる、住んでいる家に住み続けるなどという裏技もいくつかある。ここでは言及しないが、裏技についての関連書籍は多く出ている。僕個人としては宮崎学氏や故青木雄二氏の著作が優れていると思う。

 

前述の僕の恩人は、会社を倒産させ、自己破産も経験したが、そのポリシーを貫いたおかげで、今は生き生きと豊かな生活を送っている。

 

友人・知人の借金を最優先で返すことは「誠実」な行為である。

金融機関の借金を無理してでも返すのは「バカ正直」な行為である。

 

僕のあくまでも個人的で偏った考え方だが、人は誠実であるべきだと思っている。