希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

働かないことは悪いことなのかという件

僕たちは学校を卒業すると一人前の「社会人」になることが当然とされている。ここでいう社会人とは、仕事をしている人(正社員が望ましい)という狭い意味でのものになる。

つまり、普通の(まともな)会社の正社員となって働き、結婚をして子どもを育てて(家庭をもつこと)はじめてまともな社会人となる。

僕は正社員ではないし、家庭を持っていないので、「社会人」ではないことになる。ぼちぼち働いている今はましだが、無職のときは肩身の狭い思いをしていた、というかそういう思いをすることを強いられていた。生活さえ成り立てば、非正規でも何でも良いのではないかと思うのだが、どうも世間様は許してくれないようだ。

 

働いていないニートや引きこもっている人たちに風当たりが強いのは、働くことは当然だ、働いてこそ社会人だという価値観に基づくものである。あるいは同調圧力によるものである。

 

確かに生活を営むためにはカネが必要で、それを自力で稼いでこそ一人前の人間だという考えは正しいし、あえて言うほどのこともないような当たり前のことである。大多数の人たちは何の抵抗もなくこの考えを受容している。

 

今、少なくない数の人たちがニートや引きこもりの状態にある。

この人たちは一人前の社会人とは認められないのだろうか。

働かない、という一事をもって責められるべき存在なのだろうか。

 

ニートや引きこもりの人たちに対して、「甘えている」「人生の落伍者」「怠け者」などと厳しい視線を投げかける人たちが多くいる。そういった批判する人たちの殆どは自助努力を求める。ニートや引きこもりになったのは自己責任だと突き放すのだ。自分たちが立派にやってこられたのは自身の能力や努力の賜物であり、お前たちはそれができない劣った人間なのだ、と言いだけに。

 

ニートや引きこもりに至った理由のほとんどはささいなきっかけによるものである。学校や職場に馴染めなかった・いじめられた、入試や就活に失敗したなど誰にでも起こり得ることなのだ。人によってはそれらの逆境を跳ね返すことができるが、それができずに内に篭ってしまう人もいる。人の性格や価値観等は十人十色なのだ。

 

ニートや引きこもりに至っている今の状態を、何とか変えなければと思い悩んでいる人たちが多いのである。働きたくても働けない、といった方が適切な表現かもしれない。

そんな人たちに「働くことが美徳」「働くことが当たり前」という一方的な考え方を押し付けるのは愚の骨頂である。ますます追い詰めてしまうことになりかねない。

働くことによって、人や社会との繋がりや承認などが得られるという実感を持ってもらうことが大切なのだと思う。

ニートや引きこもりに対して支援する団体は増えてきている。それらの団体の多くは就労支援だけではなく、「居場所」づくりも行っている。

良い傾向だと思う。

 

ニートや引きこもりの人たちだけではなく、長期間再就職ができない中高年齢者に対する支援の拡充も必要である。僕の実感として、中高年となって働く場がないというのはなかなか辛いものだから。

 

働かない時期が人生の途上にあってもいいんだよ、というメッセージを発信できるような社会であれば、生き辛さがかなり軽減される。

 

働いていなくても、立派な社会人である。

 

人は働くためだけに生きているのではない。