希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2018-08-21から1日間の記事一覧

マイノリティとして生きていくことの辛さと楽しさ、という件

僕はどちらかというとマイノリティ寄りの人間だと自己規定している。 性的少数者のようなゴリゴリのマイノリティではない。 雇われて働くことが苦痛で、それが長続きしない、不登校の経験があるといった程度のものだ。 総サラリーマン化社会では真っ当に勤め…