希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2018-07-03から1日間の記事一覧

「普通の人たち」の善意がこの社会を狂わせることもあるという件

戦前の軍部では「動機が善ならば、何をしても許される」という空気が蔓延していたという。 「お前のためを思って~」という善意の押し付けがパワハラまがいの相手への抑圧を生むこともある。 善意によって生み出された言動によって、相手に害を与えてもそれ…