希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2016-04-14から1日間の記事一覧

精神論が幅を利かす社会はお先真っ暗だという件

僕は精神論、根性論、精神至上主義の類が嫌いである。 それらを振りかざす輩は無能だと決め付けている。全くの独断と偏見であるがあながち間違ってはいないと思っている。 戦時中の軍部のエリート層・指導層は精神至上主義に傾きすぎたためにあのような悲惨…