希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2015-04-06から1日間の記事一覧

「労働」と「自由」は決して相容れることがない件

「労働すれば自由になる」。 これはアウシュビッツ収容所の入り口に掲げられていたスローガンである。 この言葉の持つ意味は恐ろしいものだ。労働(強制された作業)をしない者、できない者は死あるのみということを意味する。働けない者には死しかないとい…