希望の舎―キボウノイエ―

漂泊を続ける民が綴るブログ。ちょっとナナメからの視点で語ります。これからの働き方・中世史・昭和前期の軍の組織論・労働問題・貧困問題・教育問題などに興味があるので、それらの話題が中心になります。

2014-12-25から1日間の記事一覧

生活困窮者の放置や無策は国家権力の暴力である件

この国は「福祉社会」である。 北欧諸国のような「福祉国家」ではない。 社会保障制度が担うべき領域を会社や家族に肩代わりさせていた社会である。 それゆえに普通に正社員として働いている人たちは社会保障制度(雇用保険や健康保険、厚生年金)の恩恵を受…